プロフィール

ふじい。

  • Author:ふじい。
  • 名をふじい。
    通称をデコ。
    そんなノットインなんたらな人。
    *当WebLogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
    Copyrights
    (C)2005-2007 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.
    (C) SEGA*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

<< 04 | 2017/05 | 06 >>
-
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-

--/--/-- --.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

//スポンサー広告

2005/07/29 Fri.
すんかん。


チャンプのやる気低迷中。
今週末にデスクトップ戻ってくるからそれに合わせて気合入れよう。
今は充填期間だ!と、言っておく。

それはそうとついにこんな時代の到来ですね。



ゲーセン通いをしていてネトゲもしていた人なら
誰もが一度は考えたであろう事態。

ロケテの段階では課金したアカウントでのみ一時間900円払ってハイスペックPCにウーハーを載せただけの筐体でプレイ可能、というクソ仕様。
SegaとGungHoには悪いけどクソ仕様としか言えない。

じゃあどんな仕様ならいいのか。
現実的な線で考えてみよう。

a:料金
一時間900円はいくらなんでもボリすぎ。
漫画喫茶でも一時間600円が限度だろう。
しかも各ゲームの課金済みアカウントでしか遊べないのであればもっと低価格にすべきだ。
課金済み限定ならば、一時間400円から高くて500円だろう。
10分単位料金なら、せめて1000000歩譲って10分100円。
もし、一時間900円取りたいのであれば1dayが無料で(何枚か)ついてくる
くらいしないとやる意味がないだろう。

b:付加価値
aの最後で触れたけど、そもそもゲーセンでやるメリットがない。
ハイスペックPCなんてそもそも漫画喫茶に転がってる。
さらに漫画喫茶なら漫画も読めて個室で飲み物も飲み放題。
なんでゲーセンでやるよ。意味がないっす。

なのでそこに意味を持たせたい。
どんな手段があるだろうか。
まず現状だとゲーセンに人がいない。
家ゲーの方が優秀だから。
それでもまだいるのは音ゲーなどの大型筐体ものか対戦格闘もの。
大型筐体ものは筐体自体にメリットがある。
対戦格闘ものは対戦相手がいるというところがメリット。

ではMMOの場合、どちらのメリットが生かせるだろうか。
答えは簡単。
筐体にメリットを持たせるしかない。
対戦相手に相当するものはネットの向こう側にいるからだ。
だからSegaもハイスペックPC+ウーハーという手段を選らんだんだろう。
でもそれじゃあ弱いんですよ。

例えば、ゲーセンのコンパネを使う、若しくは家ではパッドを使うゲーム。
これならゲーセンで多少値段が高くても、aの最低ラインを満たしていれば
やる気が起こる。少なくとも俺は。
パッド苦手、或いはレバー好きって人ならやりに行くかもしれない。
今あるゲームで言うとPSOかな。
レバー+ボタン(設定変更可能)+キーボード+ハイスペックPC+ウーハー
とかなら考えてもいいレベルだと思う。

んで、そうなるとソフトウェアの部分でもこのASTROCROSS BBに合わせた展開が必要。
ウーハーを生かす為にゲームミュージックに気合を入れる必要とか
ゲーセンから繋いだ時の(バランスを崩さない程度の)特典とか。



あと、やっぱり言いたくなかったけどRO向いてないよね、これ。(藁
(藁 とかすげえ久しぶりに使ったけど、藁うしかない。
ASTROCROSS BB向きなのは上記のPSOとかおれ様ご執心のFEとかその手のもんだよね。
あとなんか韓国だかでやってるルニア戦記とかかな。
多分、この流れが続いてゆくのであればMMOもアクション性の向上っつうか
操作系がどんどん複雑になってゆくんだろうな。
それを見越してのASTROCROSS BBならSegaすげえ。
逆に言えばそういう流れにもってけるかどうかがSegaの腕の見せどころか。
うーん、超不安。
面白くなればいいなぁ。

だらだら書いてしまって話に焦点がない。
まぁいいや。
話の続きが出てきたらまたなんか書こう。

スポンサーサイト
comment[0] trackback[0] //所感。

comment









管理者のみ閲覧可


trackback

[ trackback url ]
http://fujitaso.blog14.fc2.com/tb.php/44-78b2ce83

| TOP |

copyright (C) 2006 ひたいめも。 all rights reserved. template by [ asoviva ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。